羽織の早替え衣装

人気の高い早替え衣装ですが、

羽織の早替えで、最もポピュラーなのが、帯ごと脱いでしまうパターンです。

この帯ごと脱ぐにあたっては、下の衣装とヒモで繋ぐ場合、

2重帯で繋がる場合、脇タブで繋げる場合など、

脱ぐ衣装と、身体に残る衣装のデザインや生地の強度・重みなどにより仕様を

変えていかないといけません。

画像は2重帯の場合です。

上の羽織のお腹に巻いている帯は、羽織と同じ右前脇が開きになっています。

マジックテープで留まっているので、すぐに開き脱ぐことができますが、

遠めには羽織の上から帯を締めているように見えます。

羽織の上から帯を締めているように見えるのは、

しっかりかぶり分を計算し帯の位置を設定しているからです。

ここでゆとりを入れておかないと、踊るときにとても窮屈になります。

羽織の右脇前のマジックテープをはがすと、羽織は床に落ちずに、腰にぶさらがります。

このとき気をつけたいのは、脱ぎ方と、袖の長さです。

脱ぐときは、両手を真っ直ぐ後ろに伸ばし、羽織を落とすように脱ぎます。

お袖は振袖の長さが長すぎると床についてしまうので、

踊り子さんの身長など考慮し長さを決めます。

上の羽織を脱ぐと、下からもうひとつの帯が現れました。

こちらの衣装は、2重帯の場合なので、このような仕様になっています。

上と下の帯を、しっかりと所定の位置で縫い繋げているので、

羽織の重みに負けることなく、腰にしっかりついてきます。

よさこい祭りに多い、流し演舞の際にも、再度着用がとても簡単な早替え衣装です。

早替え時間は1秒。

開き部分や生地の厚さなど、早替えすることにより、負荷のかかる部分がないか検証し、

仕様を決定することがポイントです。

よさこい衣装デザイン製作 たかどの装舎

よさこい衣装・阿波踊り衣装、ほか舞台衣装をデザイン製作しております”たかどの装舎”です。 全国各地のチーム団体様よりご好評頂いております。お気軽にお問い合わせください。