インナー衣装

よさこい衣装で、たまにご注文いただくのが、インナーです。

前で合わす羽織の袖なしタイプもございますが、ここでいうインナーは、合わせのないものです。

こういう形で一般的なデザインはストレッチ素材の「かぶり」ですが、

よさこい衣装で、カットソー地というのはカジュアルになりますし、

量産上、ロットも大きく、工場を変えなくてはいけなかったり、ミシンが違ったりと、

結果衣装コストも上がっていきます。

それこそ、某チェーン衣料店で購入されるほうが安く済む場合も少なくありません。

なので、弊舎でお作りするインナーは、布帛(伸びない生地)のものが多くを占めています。

結果、脇や前後中心ファスナー仕様となります。

ストレッチではないので伸縮はありませんが、しっかり身体に添うようダーツを入れたり、

衿でデザイン性を出して遊べたりという利点があります。

カットソー生地とは違い、鮮やかな色が使用でき、プリントも発色良くのります。

カットソーでは難しい、パリっと感も出ます。

脇のアームホールも、首やウエストのダーツも必要に応じて入れていきます。

着用時は、上に半纏を来たり、ボレロを着たり色々ですが、

中までしっかりと見えますので、和装ならではの重ね着の高級感が出せます。

よさこい衣装デザイン製作 たかどの装舎

よさこい衣装・阿波踊り衣装、ほか舞台衣装をデザイン製作しております”たかどの装舎”です。 全国各地のチーム団体様よりご好評頂いております。お気軽にお問い合わせください。