金襴で作る~帯枕小物入れ

高知で踊り子してた時には知らなかったことで、東京で知りとても驚いたことがあります。

踊り子さん専用の移動バスがないことです。

よくよく考えると、都会では難しいことなのかなとも後で思いました。

が、高知では演舞場から演舞場へはバスで移動し、バスの中で火照った身体を冷やし、水分補給と化粧直しをしていたので私物はバスの中でした。

衣装に持ち物なんて、袂にハンカチを忍ばせるくらいでした。

でも、全国のチームさんのよさこい衣装を製作するようになり、衣装に小物入れを施すチーム様の多いことに気付きました。

お祭りを見に行くと、踊り子さんの私物は、スタッフの方が大きな袋に入れて管理していたり、踊り子さん自身でなんとかしているそうで。

電車で移動するだけでも大変なのに、あまり荷物を大きくできないのが大変そうでした。

というのもあり、弊社ではずっとその小物入れの形と具体性について企画してまいりました。

今現在、もっとも多いのが、帯下に挟み込みの小物入れでしょうか。

同じくらい多いのが、独立型のようなポシェットのものと、ボトムへの深いポケットです。

でもなんか、足の邪魔になったり、折角の衣装がまとまらなくなったり、踊りが激しくて中身が出ちゃわないか、色々心配してしまいます。

ちょっと羽織って踊ってみるけど、太ももに当たるのはムリムリと感じました。

腰についてても思いっきり演舞は怖いな~と。

携帯やお財布までは入れないでしょうし、小銭・ティッシュ・ハンカチ・扇子なら大丈夫かな?と重さを実験してみたり。

でもどうせなら、衣装の必要な一部にしたいと考えてました。

そこで、たかどの装舎オリジナルの『金襴で作る帯枕兼用小物入れ』を数年前に製作したところ、大変人気でした。

このデザインは、垂らし帯でもリボン帯でも仕様によって替えられます。

方向を定めてファスナーがつくので、斜めから落ちるということもなく、ファスナーも強力なテフロンを使用しています。

このサイズは、色々試して理由がありこのサイズとなっています。

楕円、ラグビー形といいますか円柱ではありません。

円柱では腰へのフィットが悪いのも理由のひとつです。

何も入れない時は、ビニールや綿をお入れください。

汗拭きタオルを入れる時は、タオルの中に鍵や小銭を忍ばせて壊れ防止にもなるし、

何重にも役立つ、優秀小物入れが出来ました。

そしてこの小物入れはある方法で帯に取り付けます。

実は衣装デザインによって様々なんですが基本形があります。

一箇所のみ、衣装デザインによって変更するべき箇所があるので、そのあたりは、お客様ご要望の衣装と帯の形によって変化します。

この小物入れをつけて垂らし帯をした衣装は、舞った時にとても綺麗です!

弊社の人気商品でもあります。

生地は、帯と同柄の金襴でも良いですし、赤や紫など、単色で製作し、帯と配色を楽しむのも良しです。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。

よさこい衣装デザイン製作 たかどの装舎

よさこい衣装・阿波踊り衣装、ほか舞台衣装をデザイン製作しております”たかどの装舎”です。 全国各地のチーム団体様よりご好評頂いております。お気軽にお問い合わせください。