洋装アームホール~よさこい羽織

弊舎で大変人気な羽織デザインは画像の『洋装アームホール』の羽織です。

袖ぐり(アームホール)がカーブとなっている洋服袖のことです。

「着用したらとてもラインが綺麗でした」

「動きが抑制されるかと思ったら、腕もよく上がって動きやすかった」

というお褒めの言葉をたくさん頂きます。

本来の「半被」「半纏」「合わせ羽織」というような、袖ぐりが真っ直ぐのものと違うのは【肩幅】です。

肩幅が、これだけ肩先に忠実に設定しないと、当然洋服袖にはならないのですが、ポイントは「この袖で踊る」ということです。

よさこいを踊るからには、腕は振り回しますし、両手を一斉に上げたり、一気に腕を広げたり、破れないか、無理が出ないか、腕は上がるか気になるところかと思います。

肩幅大きくして(当然バストも大きくなります)ブカブカの洋服袖では脇周りがピッタリ沿わないので、結局腕を下ろした時が本来の和装の羽織と変わらなくなります。

なので当然、肩幅を狭くバストもピッタリ沿わせながら、腕も上がるようにパターン上で設定しております。

ご興味のある方は、是非実物を着用してみてください。

よさこい衣装デザイン製作 たかどの装舎

よさこい衣装・阿波踊り衣装、ほか舞台衣装をデザイン製作しております”たかどの装舎”です。 全国各地のチーム団体様よりご好評頂いております。お気軽にお問い合わせください。