オーダー金襴帯

チーム様だけのオリジナル金襴を作るにあたり、金襴の糸替えのお話をしたいと思います。

金襴でなくとも、生地は全て縦糸と横糸で成り立っているのですが、その織の工程で様々な柄を作り出したり、色を出したりしています。

織りの現場で、その都度糸を替えるということは、少し前までは大変なことでした。

最近では機器の性能が良くなり、職人さんの手を離れ簡略化した部分が多く、ほとんどの作業を、昔の半分以下の作業でできるようになったそうです。

しかしそれでも、機器を操作し彩りを判断し美しい織物を作り出すには、その工程を熟知した職人さんの感覚と技術、そしてセンスあってこそだと、いつも金襴業者の社長様とお話ししていて思います。

よさこい衣装では、金襴はよく帯に使用されています。

手甲や鳴子入れ襟などに使用されるチーム様も多いでしょうか。

平とは違うこれだけの織が表面に出る金襴は、存在感と圧倒的な高級感を魅せてくれます。

弊舎でも特に独特で艶やかなイメージの金襴をお客様にご紹介させて頂いております。

定番の金襴柄もいいですが、どうせなら他のチームと被らないオリジナル金襴で帯を製作して差し上げたい、そういう思いから弊舎では様々な文様の個性派金襴も多く取り扱っております。

又、弊舎では金襴のチーム様別注カラーの製作も行っております。

画像を比べて頂くとわかると思いますが、上下とも縦糸は同じ色糸を使っております。

しかし横糸を替えると背景の色バランスが替わってきます。

ブルー系・パープル系・レッド系など様々な色を作り出せます。

背景の色が替わると、全体的な印象も随分変わります。

女性衣装と男性衣装で背景色を替えたいというチーム様もいらっしゃいます。

オリジナルカラー金襴のほかにも様々な金襴 を取り扱っておりますので、お問い合わせはお気軽にご連絡ください。


よさこい衣装デザイン製作 たかどの装舎

よさこい衣装・阿波踊り衣装、ほか舞台衣装をデザイン製作しております”たかどの装舎”です。 全国各地のチーム団体様よりご好評頂いております。お気軽にお問い合わせください。