正調よさこい衣装の作り方

正調よさこい衣装というのは、一般的な見方では浴衣のような衣装と思っていただくと良いです。

今でも正調よさこいを踊られているチーム様はございますが、半被や浴衣など様々です。

当舎では、『正調よさこい衣装』とは、本来の浴衣を、現代風にアレンジし、着易さ・発色・取り扱い易さを重視し改良したものを呼んでおります。

具体的な仕様は以下のとおりです。


●生地=浴衣の綿の表面効果を生かした合繊(ポリエステル)生地。

合繊にすることでシワになりにくく、発色が綺麗・速乾性有り・軽量・コストダウンとなります。


●サイズ=着丈・身幅・袖丈(裄丈)は、チーム様により1から設定しております。

振袖丈は通常50~55cmのお袖ですが、形状もオーダーにより異なります。

襟幅は決まっておりますが、ご要望により変更可能です。


●仕様=本来の浴衣と違い、生地幅が広いので、切り替えが少なく綺麗に柄の続きが出ます。


●色柄=ポリエステル素材に昇華転写にてオリジナルの色柄を染めます。

全体にプリントを入れるとコストUPしていきますので、裾のみや袖のみ、背中から袖にかけてなど工夫することでコストダウンできます。

昇華転写プリントなので、フルカラー、写真、グラデーションやチーム名もお好きなように配置しプリントできます。


和風回帰の今、よさこいチーム様オリジナルの正調衣装はお勧めです!

よさこい衣装デザイン製作 たかどの装舎

よさこい衣装・ソーラン衣装・阿波おどり衣装、ほか祭り舞台衣装をデザイン製作しております”たかどの装舎”です。 全国各地のチーム様よりご好評頂いております。無料にてお見積もりも承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。