男女別デザインのよさこい衣装

よさこい衣装作りにおいて、1曲の中で男役女役と、分担がはっきりしたコンセプトの演舞を披露されるチーム様は多いです。

舞台の上で、その役割を明確に表すには、衣装を2パターン用意する。

確かに全体的に完成度の高い表現方法と思えます。


しかし、1つのチームの中で2つ以上のデザインの衣装を作ることは、1つのデザインごとに枚数が少なく区切られるので、様々なコストの問題もあります。

ひとつに衣装価格のアップ。

生地や裁断、プリントなど、一度に多く製作するからこそ安くできる、そういう量産背景に逆行してしますので、この問題はなかなか解決が難しいです。


他にも、それぞれのデザインにパターンをひくのでコストと時間が追加されます。

グレーディング(サイズ別パターン製作)もデザインごとに数十とパーツが増えますので、1つのチーム単位で考えるよりも、1つのデザインに対して1チームと捉え製作することになってきます。

100人を超えるチームでは3デザイン製作も難しくなくても、少人数のファミリー層のチームさんやお子様チームさんなど複数のデザイン製作はコスト面では厳しいことが多いです。


そんなとき、なるべくコストをUPさせずに、男女でデザインを変える方法がございますので是非ご利用ください。

まず手軽に取れる方法は?


①男女で衣装を色違いにする。

無地・柄生地の色を男女で変えるだけで2色バリエーションの演出まで広がります。

たかどの装舎では色違い製作に関しては、同価格で製作させていただいております。

※色制限数はございます。


②男女でアウターもしくはボトムだけデザインを変更する。

同じ衣装でも、男性は半纏・女性は羽織にするなど。

もしくは男性はハカマ・女性は腰巻にするなど。

ひとつのアイテムだけ男女でデザイン分けすることで、大きなコストUPとはならず、男女別デザインのよさこい衣装を製作することができます。

このような方法を希望されるチーム様はたくさんいらっしゃいますので、是非参考にされてみてください。

皆様の素晴らしいお披露目の日を楽しみに、製作させていただきます。

よさこい衣装デザイン製作 たかどの装舎

よさこい衣装・ソーラン衣装・阿波おどり衣装、ほか祭り舞台衣装をデザイン製作しております”たかどの装舎”です。 全国各地のチーム様よりご好評頂いております。無料にてお見積もりも承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。