帯と衿のシワを無くす方法

下の衣装画像は弊舎の一番広い帯になります。

ご覧頂いてお分かりのように、シワ寄れなどございません。

もちろん、帯板も使用しておりません。

きちっとした帯に見せるには、帯板は欲しいとこですが、よさこいの場合、演舞中に板が横や後ろまで回ってしまってたり、当たりが悪くて身体が痛くなったり、通気性も悪くなるので、使用することはまずないかと思います。


弊舎ではボディに着せている衣装のように、帯に関しては芯地に拘っております。

あえて最新のものでない、古き良き時代の王道の芯地を使用しています。

襟に関してはある仕様を施して、決して着崩れしたように見えないように製作しております。

広帯や広襟のデザインでも、弊社でよさこい衣装を製作くださるチーム様には、崩れを気にせず、しっかりした仕様にて安心して演舞頂ければと思います。

よさこい衣装デザイン製作 たかどの装舎

よさこい衣装・ソーラン衣装・阿波おどり衣装、ほか祭り舞台衣装をデザイン製作しております”たかどの装舎”です。 全国各地のチーム様よりご好評頂いております。無料にてお見積もりも承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。