たっつけ袴~よさこい衣装

たっつけ袴は、よさこい衣装でもたまにご依頼をいただきます。

その際、普通の袴と何が違うのかとよく聞かれますので少しご紹介します。


ウエストの紐~腰あたりだけみると、プリーツの入り方など普通の袴に見えますが、

たっつけ袴は、その下のデザインが全く違ってきます。

画像のように膝あたりから細くなっています。

これは下部を脚絆(きゃはん)のように仕立てているからです。

普通の袴より断然動きやすいデザインとなっています。

元々、多く武士の旅行用・のちに行商人・農民の仕事着として用いられてたそうです。


着用方法は、

両足を通したら、裾の紐でふくらはぎをしっかり固定します。

そうすることで膝から上にゆとりが出ます。

よさこい衣装の場合、この部分をマジックテープにされる方もいらっしゃいます。

その後、ウエストで前のパーツをお腹に当てて、左右の紐を後ろで交差させ前で結び、

同じように後ろのパーツを腰に当て紐を前で結びます。

弊舎では、本格的なたっつけ袴よりも、よさこい衣装用に簡易にしてあります。

背中に当たる部分の芯も外し、汗や洗いに強い芯地にしてあります。

脇の開きも広すぎて、演舞の途中で中が見えたりしないよう、開きを狭くしていたりします。

そうして着用すると、この画像のようになります。

本格的なたっつけ袴の良さはそのまま生かし、よさこい衣装用に着易くしたデザインで、様々な羽織に合いますので、是非利用してみてください。

よさこい衣装デザイン製作 たかどの装舎

よさこい衣装・ソーラン衣装・阿波おどり衣装、ほか祭り舞台衣装をデザイン製作しております”たかどの装舎”です。 全国各地のチーム様よりご好評頂いております。無料にてお見積もりも承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。