脇開き無しでシワ無しのよさこい衣装

画像は、脇の開かないアームホールにウエストダーツ入りの羽織です。

このような羽織の場合は、中にTシャツを着るよりも、キャミかタンクトップが多いそうで、なるべくなら脇を見せたくない、そういう女性は結構多いです。

確かに踊り衣装としては、脇が開いていたほうが通気性が良いのですが。

弊舎では、羽織はこのデザインが一番人気となっています。

とにかくシワが出ない、肩が上がる、ラインが綺麗と大好評です。

ただこの袖は、完全な洋服袖(アームホールがカーブしているもの)ではないんです。

洋服袖でも、身幅と肩幅がきちんと欲しい方の為に、浴衣のような真っ直ぐアームホール袖との中間の和洋折衷袖を製作したものです。

それ故に素敵なラインをかもし出し、細く見えるのにゆとりがあり手も長く見える。

動きやすく着崩れしなくて良いと喜ばれております。

機能性も最大限重視した、よさこい衣装の為、ダーツはあまりくっきり見えないように、

使用する柄や色によって長さを変えたり、ダーツそのものをやめて脇でできるだけくったり、チーム様によって、カスタムしております。

拘りあるよさこい衣装の製作はお気軽にご相談ください。

よさこい衣装デザイン製作 たかどの装舎

よさこい衣装・ソーラン衣装・阿波おどり衣装、ほか祭り舞台衣装をデザイン製作しております”たかどの装舎”です。 全国各地のチーム様よりご好評頂いております。無料にてお見積もりも承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。