綿・ポリエステル~素材の特徴

素材のお話です。

まず、繊維には主に以下の種類があります。

植物繊維   (綿・麻)

動物繊維   (絹・羊毛・アルパカ・アンゴラ・カシミヤ・モヘア)

再生繊維   (レーヨン・キュプラ・ポリノジック)

半合成繊維  (アセテート・トリアセテート・プロミックス)

合成繊維   (ナイロン・ポリエステル・アクリル・ポリ塩化ビニル・ポリウレタン)

無機繊維   (ガラス・金属)


綿はご存知のとおり、植物繊維ですが、ポリエステルは石油なので合繊繊維となります。

これだけだと、綿は人の身体に優しそうというイメージがありますよね。

でも例えば国産のブラウスの約5割近くはポリエステルで製作されています。

『ポリエステル』は強度・磨耗に非常に強い素材で、耐磨耗、耐久性に優れています。

弾力性があり、ハリコシもあります。

着心地がよくシワにもなりにくいです。

しかし、吸湿性が低いのも特徴です。

1941年に「ポリエステル」が誕生し、今も成長を続けている素材です。

そして『綿』

人間と綿との付き合いは長く、約5000年前にさかのぼるといわれています。

私達の最も身近な繊維です。

綿の品質は産地や品種により異なっており、私が見てきた中でも、日本の綿とインドで見た綿は全然違ってました。

綿の良い特徴は、 肌触りがよく涼しく、吸水性に富んでいるところ。

そして、熱に強く丈夫、染色性や発色性に優れています。

でも、縮みやすくシワになりやすくもあります。

和装でいうなら、浴衣・手ぬぐい・ハンカチなどに多く使われています。

最近では、ポリエステルの浴衣や呉服も多いですが、浴衣は断然綿をお勧めします。

素材は、用途を考え特徴を生かした選び方が重要なんですね。

よさこい衣装デザイン製作 たかどの装舎

よさこい衣装・ソーラン衣装・阿波おどり衣装、ほか祭り舞台衣装をデザイン製作しております”たかどの装舎”です。 全国各地のチーム様よりご好評頂いております。無料にてお見積もりも承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。