フルオーダーとオリジナルオーダー

弊舎でのよさこい衣装製作には2通りの方法がございます。

ひとつは、お客様のイメージを元に衣装を製作する『フルオーダーメイド』

そして、弊社でデザインを総合プロデュースしご提案する『オリジナルオーダーメイド』

この二つとなります。

もちろん、ご希望や意見をやり取りしながらデザインを作り上げていくという意味では、

どちらもお客様と弊舎の共同制作ということには変わりありません。

フルオーダーだからと言って、完璧なスケッチ画を送ってください等という事は申しませんのでご安心ください。

お客様から衣装イメージをご提示頂く方法には、以下のものがございます。

●ラフ画をFAXやメールなどで送って頂く。

●参考となるサンプルをお持ちの場合は発送して頂く。

●イメージ画像がある場合メールで送って頂く。

●打ち合わせの際に口頭で伺い、弊舎デザイナーがデザイン画をおこしていく。


以上の内容の中で『サンプルがある場合』はとても早く製作進行となります。

サンプルどおりでなくても、「サンプルより袖を長く」とか「サンプルの襟のみ変更」などでも、たたき台があることでデザイン構築もそしてパターンも確実に進行でき、イメージ違いなどの問題も起こりづらいからです。


そして『イメージ画像をお持ち』の場合ですが、

画像はFAXだとモノクロになるのでメールで添付頂ければと思います。

お客様の中には、PCでのメールのやり取りが難しいという方もいらっしゃいますので、

その場合、なるべく鮮明な画像のプリントアウトを郵送で送ってくださればと思います。

これは、画像から大体のサイズ・ライン・ディテール・素材などが読み取れ、またお客様の求めているイメージがわかりやすく伝わるからです。

サンプルをご提示頂く場合と同様「画像より帯幅を広く」とか「画像よりズボンを大きく」など、サイズやライン・素材まで、画像から広がるご希望を承れます。


そして『口頭でイメージを伺う場合』ですが、

口頭で伝えて頂くのが確かな点は、これは当然、目の前で色んなサンプルや素材を、お客様に提示させて頂きながら、リアルタイムでお客様のご希望をデザイナーが形にしていけるからです。

ですが遠方のお客様のお電話等によるヒアリングでも、イメージ違いの問題点を回避できるよう努めておりますのでその点はご安心ください。

もし絵が苦手・イメージする画像が見つからないという方は、打ち合わせ時に頭の中で描いたものを、ご自分のお言葉で結構ですのでどんどん投げかけてください。

一緒に形にしていくことで『確信』が芽生え、意外と早く衣装構成が決定し、安心して製作に移れるでしょう。


そして『ラフスケッチ』ですが、

これは、メーカー側としては、もちろんものすごく助かります。

皆さん、色んな言葉を添えて頑張って描いてくださって、いつも感心させられています。

サンプルやイメージ画像は早く構築ができると言いましても、このラフスケッチの場合でも、絵に描かれた部分をひとつひとつ確認する段階さえクリアできれば、すぐにデザイン画は完成します。

ただ、このひとつひとつ確認の部分で、やはり突き詰められると表現方法がわからないというお客様がいらっしゃいます。

それは当然のことです。

プロでもない限り、店頭で並んでいる服を選ぶのでなくどういう衣装にするのかを、

事細かく決めていかなくてはいけないのですから、詰まることは多々あるかと思います。

話しているうちに「どんな衣装になっていってるのか、わからなくなった」なんてこともあるでしょう。

そんなときは、「ここのラインをこうすると、こんな雰囲気の衣装になりますよ」とか、

「帯の色を引き立てるのは、羽織や伊達襟はこの色が映えますよ」とか、必要であればご

提案させて頂きます。


最終的に完成したデザイン画と生地を確認し、パターン製作→サンプル製作→量産と移っていきます。

よさこい衣装は『踊り子さんの表現方法』のひとつです。

弊舎では、チーム様が描いている【素敵なイメージ】と【表現したい想い】を実際の衣装に起こしていく為、最大限お力添えさせて頂きます。

よさこい衣装デザイン製作 たかどの装舎

よさこい衣装・ソーラン衣装・阿波おどり衣装、ほか祭り舞台衣装をデザイン製作しております”たかどの装舎”です。 全国各地のチーム様よりご好評頂いております。無料にてお見積もりも承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。